ドッグ

犬 の肥満や老化は椎間板ヘルニアリスクを高める

ペットの歩行チェック

医者と犬

ペットの健康を管理する事が飼い主としての役割になります。食事や運動も重要ですが、些細な体調の変化にも気づける様に日ごろから歩行チェックも行ないましょう。人間と同じ様に犬も椎間板ヘルニアになります。その原因は老化や肥満、外部からの圧迫が原因と考えられています。その他にも犬種によっては椎間板ヘルニアになりやすい体形の犬もいます。ミニチュアダックスフンドは胴が長く腰まわりに負担が掛かりやすい犬種になっています。その他にもチワワの様な小型犬は骨盤形成に異常がある事も多いので椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。

犬が椎間板ヘルニアになった時には歩行に変化がでます。ふらついて歩き後ろ足が立たなくなるといった場合にはすでに症状が表れています。歩行に変化があった場合にはすぐに動物病院に行って検査を行ないましょう。椎間板ヘルニアの検査は主にレントゲン写真やCT検査によって行ないます。より詳しい検査が必要な場合にはMRI検査で原因を調べていきます。この様な精密機械を設置している動物病院はそう多くは無いので、あらかじめ大きい動物病院を把握しておくと予期せぬ自体にも備えることが出来ます。

普段の運動や生活環境を変えてあげるだけでも犬をケアする事ができます。例えば、運動も起伏の激しい場所で行なうよりも、平面な場所で行ない足や腰への負担を減らす事ができます。また、室内で飼っているなら滑りやすいフローリングに滑り止めを塗りしっかりとした歩行が可能な環境を整えてあげましょう。

愛くるしい小型犬

家族と犬

近年室内でも飼いやすい小型犬がペットの中でも人気です。特にプードルはぬいぐるみの様な風貌で女性を中心に人気が高いです。プードルの中でもティーカッププードルは希少価値が高い犬になっています。

More…

火葬プランを考える

線香

悲しい事にペットの大半は飼い主よりも早く寿命が尽きてしまう事があります。ペットと別れるのは辛い事ですが、茨城でペット葬儀を行ない最後を見送りましょう。急なペット葬儀も茨城では対応可能になっています。

More…

吠えるのをやめさせるテク

犬

犬のしつけ悩む多くの人が無駄吠えに悩んでいます。犬種によってはよく鳴くものもいますが、ストレスや不安から鳴くものもいます。犬のしつけではその犬がおかれている状況をしっかりと判断してか行ないましょう。

More…